ワンだふる ONE DAY

ワンコとの楽しい日々を綴ります♪
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ゲゲゲのモーニング♪ | main | 第1回 冬のディズニー会議 >>

食のカルチャーショック

JUGEMテーマ:日記・一般


 世界の果てまでイッテQベッキーちゃんがパスタの旅に行っていた。
(羨ましいっ!カバンに入れて連れて行って欲しいぐらいだったてれちゃう

 日本でも誰もが知っているぐらい有名なカルボナーラ!
実は本場では絶対に生クリームを入れないらしいのだ。ご当地の人いわく、「ありえない!嘘でしょ」らしいです。
 私にしたら「えぇぇ〜〜〜???」というかんじ。どの料理のレシピを見ても絶対に生クリームって書いてあるんだから。そうか、生クリームなくても作れるんや。むしろ、作っていいのね!?

 でも、グワンチャーレや山羊の乳はスーパーには売ってないよねぇ。牛乳でもいいのかなぁ?それにしても、グワンチャーレという豚肉のほお肉を焼いているシーンがあったんだけど、メチャうまそうやった。アツアツの白ゴハンにしょうゆをチョロっとかけて食べたいと思った。そこらへんが食文化の違いなのかも(笑)

 今日の晩ゴハンはパスタ!
作っている途中にこの番組がやっていたので、もっと早く見てたら今晩はカルボナーラになっただろうなたらーっ
 市販の「たーらこー♪たーらこー♪」のパスタソースに、haruママお手製のバジリコバターを混ぜいている。バジリコバターでちょっとプロっぽい味になるイヒヒ
 
 日本人の口には合うけど、本場の人はどうだろう??? 

 今度は、生クリームなしのカルボナーラに挑戦してみようっと♪♪♪
  ☆材 料☆
スパゲティ・・・480g
卵・・・4個
ペコリーノチーズ・・・150g
パルメザンチーズ・・・150g
グワンチャーレ(豚のほお肉の塩漬け)・・・300g (なければベーコンでOK!)
ワイン・・・200cc
オリーブオイル・・・大さじ4
コショウ・・・適量

  ☆作り方☆
 パスタをアルデンテにゆでる。(パスタをゆでている間に)ソースを作る。熱したフライパンにオリーブオイルをひいて、1センチ角の豚肉を焦げ目が付くまで炒める。フライパンにワインを入れる。
 (炒めている間に)お皿に卵、パルメザンチーズ、ペコリーノチーズ、コショウを入れてよく混ぜ合わせる。炒めた豚肉、ソース、茹で上がったパスタを混ぜ合わせて、パスメザンチーズをお好みで入れる

  ☆豆知識☆
 カルボナーラはイタリア語で「炭焼き風」という意味で黒胡椒を炭に見立てて、この名前がついたらしい。それから本場イタリアでは『生クリーム』は絶対に使わないらしい。ありえないんだって!!
FOOD | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

あっ、そういえばテレビは見てなかったけど
カルボナーラがどうのこうのって聞こえてたなぁ・・・
これだったんだねん。(*^-^*)
あたしはトマト系をつい注文しちゃうから
カルボナーラは最近食べてないなぁ・・・

お義母さんお手製のバジリコバターで
お料理の美味しさも更にアップなんていいなぁ〜☆(*^-^*)
メルママ | 2008/10/06 9:16 AM
  メルママさんへ

 私もゴハン作っているところでTVは見てなかったんだけど、haruが「うまそう!」を連発していたので、ちょっとだけ見ました。トマト系もおいしいですよねぇ。疲れてるときにトマトの酸味が欲しくなるときありますし。調子がいいときはカルボナーラ!そのときどきで選んでるかなぁ〜(^^)

 バジリコバターは万能なので、ただのお肉を焼くだけでも入れると香りがよくなったり食欲がわきますよ!また作り方聞いときますね〜(^▽^)v
わかば | 2008/10/06 11:34 AM
コメントする